Regererative Medical Service ー 再生医療

再生医療には種類がございます。例えば自分の身体から幹細胞という特殊な細胞を取り出して培養し、目的とする組織や臓器などを形成し、元の身体に移植するというものです。最近では、iPS細胞を使った再生医療にも注目が集まっています。また、自己複製し再生する能力を利用し、皮膚組織に生まれかわり、自然に昔に戻る最高のアンチエイジングとしても効果が期待されます。 つまり、再生医療は根本的な治療になり得る優れた治療と言えます。

免疫細胞療法

加齢、生活習慣、生活環境等の要因により、免疫システムがパワーダウン(免疫力の低下)すると、体内で異常細胞が増殖し、ひいてはがんになります。
がん細胞の中には免疫細胞の増殖や攻撃を抑制する力を持ったものがあります。
このため一度発生したがんは、既存の免疫細胞の力では駆逐することが容易ではありません。
私どもが推奨する免疫細胞療法は、低下した免疫システムを再び強化(活性化)させ、がん細胞を除去する治療法です。
自然治癒力を高める治療法とも言えるでしょう。
技術によって活性化された免疫細胞は、がん細胞を認識してがん細胞を直接捕食、あるいは破壊します。
もちろん、体内の正常細胞は攻撃せず、がん細胞だけを選別して攻撃します。

癌遺伝子治療

 

正常な機能を失ったがん細胞は、細胞分裂を無限に繰り返すために、これを止めることが必要になります。
がん遺伝子治療は、がん細胞の遺伝子に直接作用し、がん細胞の無制限増殖を停止させ、ダメージを受けがん化した細胞の正常な細胞機能(修復・自然死)を回復されることを目的とした治療です。
正しい配列の遺伝子を直接もしくはベクター(運び屋)に組み込んで体内に導入して、目標とする細胞または組織で意図したタンパク質を合成させて、疾患の治療を目的とする方法です。
現在、盛んにがん治療に応用されています。

プラセンタ療法

pixta_18474207_M

プラセンタとは胎盤から抽出したエキスのことであり、豊富な栄養素に加え、
細胞を活性化させる成分が含まれています。
化粧品にも含まれており認知度はありますが、医薬品のプラセンタはすべて厚生労働省の認可を
受けた安全なヒト胎盤エキスを使用しています。プラセンタエキスを注射することで、疲労回復をはじめ、
肌荒れ・アンチエイジング・更年期障害など様々な効果が期待できます。
また、免疫力増進、滋養強壮、精神安定作用があると言われています。
美肌効果が高いため、女性を中心に大変人気があります。