相談可能科目
□内科:総合内科、呼吸器内科、消化器内科、神経内科、糖尿病内科、老年医学科、腎臓内科、内分泌代謝内科、
   血液透析科、循環器内科、内分泌科、アレルギー科、リウマチ科、膠原病リウマチ内科、免疫感染症科、
   血液内科、救急科、ペインクリニック
□外科系:脳神経外科、整形外科、形成外科、美容外科、心臓血管外科、リハビリテーション科、乳腺外科、
    甲状腺外科、呼吸器外科、消化器外科、救急科、脊椎 脊髄外科、血管外科、リウマチ科、スポーツ整形外科
□小児・産婦人科:小児科、小児神経科、小児循環器科、小児歯科、新生児科、産婦人科、婦人科、産科、不妊治療
□皮膚科・美容皮膚科:皮膚科、美容皮膚科、AGA治療
□眼科・耳鼻咽喉科系:眼科、耳鼻咽喉科、気管食道科
□泌尿器・肛門科系:肛門科、泌尿器科、性病科
□がん治療:がん医療、血液内科、放射線科、緩和ケア医療、ペインクリニック、麻酔科、病理診断科
□メンタルヘルス系:心療内科、精神科、神経科
□歯科系:歯科、歯科口腔外科、矯正歯科、小児歯科
□男性系:AGA治療、ED治療、性病科
□女性系:美容外科、美容皮膚科、産婦人科、婦人科、産科、不妊治療
□その他:漢方治療、総合診療科、人間ドック、臨床検査科、家庭医、産業保健、AGA治療、緩和ケア医療、ペインクリニック、
    リハビリテーション科、性病科、美容外科、ED治療、放射線科、麻酔科

 

遠隔医療でもっと身近に

日本国内には、病院に行きたくても寝たきりで動けない患者や高齢者が存在し、
その数は高齢化社会と共に高まるものと予想されます。また、過疎地域では病院や医師の数が不足し、十分な医療サービスが受けられておりません。
診療報酬の問題等、様々な問題がありますが、遠隔治療の必要性は確かであり、 規制緩和が緩和される方向にあります。

私たちは日本の各地域の病院と契約し、医師による監修の元、遠隔診療を実行可能なシステムを構築し、日本の各地域の病院を「バーチャルホスピタル」「バーチャルファーマシー」として機能させ、お客様に医療従事者による医療相談サービスを提供します。

将来的には、規制緩和により日本国内において医師による医学管理・画像検査・病理検査の提供が可能になります。また、日本だけでなく海外にも日本の医師による医療相談や各種医療行為を求める患者は多く存在します。そのような日本をはじめ異なる地域のお客様に、日本の医療サービスを提供するインターフェースを構築します。