人間ドックで、早期発見・早期予防を。

検査の種類は?

1.X線(レントゲン)検査

肺や心臓の病気などを調べる

咳が出る、痰が出る、胸が痛い、息苦しいなどの症状があるときに必ず行なわれる検査で、一般診療や健康診断、肺がん検診などでも実施される単純撮影のことを指します。エックス線は人体を通り抜けますが、骨のように通り抜けにくいところがあるため、通り抜けたX線を画面に写すと濃淡ができ、体内の様子を知ることができます。
胸部X線検査は、X線検査の中で最も簡単な検査方法ですが、肺や心臓、肺の間にある縦隔などの器官の病気について、様々な情報を得ることができますので、幅広く行なわれています。

X線検査で何がわかるのか?

肺の病気の診断に有用です。肺がん、肺結核、肺炎などでは、異常が白い影として映ります。気胸、肺気腫などは病気のあるところの空気が多くなるので、黒く映ります。気管支拡張症や胸水などもこ指摘されます。
一方、肺といっしょに心臓や大血管も映るので、心臓弁膜症、拡張型心筋症や心筋梗塞など、心臓が拡大する病気が見つかるきっかけにもなります。また、心不全が悪化すると、肺水腫になったり、胸水が貯留したりすることもわかります。

X線検査はどのような検査か?

立位での正面像と側面像、ときには側臥位(検査台に寝て横向き)の像を撮影します。撮影のときは息をしっかり止めないと写真がぶれるので注意が必要です。正面撮影では、胸側にフィルムを置き、背中側からX線を照射します。大きく息を吸い、しっかり止めたところで撮影します。
次に横を向き、同じように撮ります。側面像では、肺が心臓や横隔膜、助骨などと重なって、正面像では判定困難な変化を見つけることができます。なお、側臥位撮影は胸水が疑われるときに行ない、胸水のたまり具合がよく判定できます。

検査結果の判定

健康の人の肺はX線写真に黒く写り、中心部の心臓などは白っぽく写ります。肺に腫瘍や炎症がなどの病変があると、白い陰影が写ります。不整な円形に近い白い影は肺がんなど、境界がぼやけて不明瞭な白い影は肺炎、肺結核などが疑われます。また、胸膜に空気が溜まる気胸では肺の縮んだ様子が写ります。

異常があったらどうするか?

肺がんが疑われるときには、胸部CT検査、喀痰検査、気管支内視鏡検査、腫瘍マーカーなどの精密検査を受けます。その他の肺の病気でも、CTや肺機能検査などの専門的な検査を受けます。

異常な場合に疑われる病気

  • 肺…肺がん、肺結核、肺炎、気管支炎、肺気腫、気胸、胸膜炎、胸水など
  • 心臓…心肥大、心拡大、胸部大動脈瘤など

2.超音波検査

放射線被爆の心配がなく、多くの臓器を調べられる

超音波は人間の耳には聞こえない高い周波数の音波で、一定方向に強く放射され直進性が高いという性質があります。これを利用して腹部に超音波を発信し、そこから返ってくるエコー(反射波)を受信し、コンピュータ処理で画像化して診断するのが腹部超音波検査(腹部エコー)です。
組織の組成によってそれぞれ基本的なパターンがありますが、腫瘍、ポリープ、炎症、結石などは周囲の正常な組織と組成が異なるため、超音波画像では正常な組織との境界にコントラストが生じます。そのコントラストから、医師は異常が生じていることを見つけ出すのです。
超音波検査では、腫瘍などの有無だけでなく、その大きさや深達度(どのくらいの深さまで達しているか)も調べることができます。また、映し出される画像は臓器がリアルタイムで動いて見えます。そのため、検査のための組織を採取したり、臓器の位置を確認しながら治療を行うときに使われることもあります。
さらに、この検査はX線検査のように放射線被爆の心配がなく、検査を受ける人の苦痛もなく安全なため、産婦人科では胎児の診察にも用いられています。

超音波検査で何がわかるのか?

この検査で調べられる臓器は多岐に及び、肝臓、胆嚢、腎臓、膵臓、膀胱、前立腺、さらに子宮や卵巣が対象となります。また、機器の進歩もあって、従来調べられることの少なかった食道や胃、腸などの消化管も検査対象となっています。
なかでも胆石、早期肝臓がんの発見に有用です。胆石は、何らかの症状を認めずに、検診で初めて指摘される場合も多く、保有者の約10%は生涯、無症状で経過するといわれています。胆石などがあっても腹痛や黄疸などの症状が出なければ問題ないので、胆石や胆のうがんを合併する確立は10%以下です。
C型肝炎ウイルスが原因となっている慢性肝炎は、肝硬変や肝臓がんに移行する確率が高いので、定期的な検査で早期の変化をとらえるために、この検査が頻用されています。
観察できるので、検査前の排尿は我慢するようにします。

検査を受けるときの注意

基本的に腹部内に空気が多く存在すると、画像がよく見えません。食事の後では消化管内に空気が発生しやすいため、絶食の状態で行ないます。また、膀胱を検査する場合は尿がたまっているほう詳しく観察できるので、検査前の排尿は我慢するようにします。

検査結果の判定

結石は音波を強く反射します。胆嚢内は液体があるため黒く写し出され、その中に石があると白い像(高エコー像)に写ります。また、音波は石に反射されるため、石の後方にエコーが伝わらない像(音響陰影)がみられます。
ポリープも白い像になりますが、音響陰影を認めないため、両者を区別できます。
肝臓がんは、肝臓内に腫瘍状の薄い白い像(低エコー像)を示します。

異常があったらどうするか?

GOT・GPT、γ-GTPをはじめとする血液生化学検査や腹部CT検査、腹部血管造影などの画像診断、組織の一部を採取して生検(肝生検・膵生検)や細胞診断を行なったり、肝臓・胆道・膵臓の腫瘍マーカー(AFP、PIVKA-Ⅱ、CA19-9、PSTI)検査などをおこない診断を確定させます。

異常な場合に疑われる病気

肝臓がん、肝血管腫、肝硬変、肝嚢胞、脂肪肝、胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢がん、膵臓炎、すい臓がん、腹部大動脈瘤など

3.PET検査

痛みのない画像検査として、がん検診に活用

PETの正式名称は「陽電子放射断層撮影法(Positron Emission Tomogoraphy)」といい、「苦痛がほとんどなく一度の検査で全身を調べることができる」「小さながんも発見することができる」として、近年注目されている検査です。
PETは、放射線を出す検査薬を注射し、その薬が発する放射線を特殊なカメラを使って外部から検出し画像化します。検査薬は細胞のエネルギー源となるブドウ糖に似た糖に放射性物質を結合させたもので、その取り込み具合によって対象となる部位の「機能」を判別します。

がん細胞は通常の細胞よりも増殖スピードが速いため、より多くのブドウ糖を必要とします。つまり、がんのあるところから放射線が多く放出され、それが画像に映し出される(白黒の場合は黒く、カラー画像では明るい)のです。この細胞の「機能」の違いから病巣を見つけるという特性は、「形」の異常から病巣をとらえるCTやMRI、超音波検査と大きく異なります。
PET検診で最もよく発見されるがんは、甲状腺がんと肺がんです。その他、食道がん、肝臓への転移がん、子宮がん、卵巣がん、悪性リンパ腫などの発見に有用とされています。
日本核医学会・臨床PET推進会議では、PETによる「がん検診」を、1.中高年(特に50歳以上)、2.がんになった近親者がいる、3.喫煙習慣などがんの危険因子がある、の一つでも当てはまる方を対象に1~2年に1回の受診を推奨しています。
PETは万能ではありませんので、がん検診では、PETをCT、MRI、超音波検査などと組み合わせて実施するのが確実です。
従来、PET単体では分解能が劣っているとされてきました。しかし、近年の医療機器の進歩とコンピュータ技術の進歩により、PETとCTを合体させたPET-CTが登場し、PETの分解能をCTとの画像融合で補完する仕組みやCTの3D画像とPETを融合することで診断精度を向上させています。

4.MRI検査


頭部の断面を画像化し、病変の手掛かりや病巣の進展範囲を判定

頭蓋内の水素原子核からの信号をとらえて、頭蓋内の断面を画像化して、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの頭部の病変の手がかりを調べる検査で、頭部MRAと並んで脳ドックで必ず行われる検査です。CT検査は骨に囲まれた部位の画像の質が低下しますが、MRIでは骨の影響を受けないので、鮮明な画像を得られます。解析度も優れていて、CTでは写せない小さな脳梗塞や、脳幹部の病変なども、はっきりとらえることができます。
また、縦、横、斜めなどの断層像も容易に得られ、病変部の位置の診断や病巣の進展範囲の判定に大いに役立っています。さらに、X線による被爆がないので、安心して繰り返し検査することができる利点があります。

頭部MRI検査で何がわかるのか?

片麻痺や言語障害、意識障害などは、脳出血や脳梗塞のときに認められる最も大きな症状です。これらの症状が出現したとき、まず頭部CT検査を行なうことが多いのですが、脳梗塞の場合、CTで脳の変化が明らかに認められるには発病後2~3日を要します。
これに対して頭部MRIでは、発病数時間後には変化がわかり、脳梗塞の早期診断には極めて有用な検査です。

頭部MRI検査どのような検査か?

検査着に着替えて、MRI装置のベッドに仰向けに寝ます。このベッドは電磁波を発生させるガントリーと呼ばれる大きな円筒状の穴にスライドします。ガントリーは少し長いトンネル状で、そこに入ると、工事現場のような音が耳元で連続して聞こえますが、できるだけ動かないようにしてください。検査時間は20~30分です。

従来のMRI装置は、トンネル状のガントリーの中に頭全体をスッポリと入れたまま検査を受けなければならないため、閉所恐怖症の人、狭くて暗い場所が苦手な子供は検査を受けることが難しいという問題がありました。それを解決したのが、上の写真の「オープンMRI」です。

MRI装置に開放部があるため、騒音や閉塞感によるストレスなく検査を受けることができるうえ、操作者も被検者のセッティング調整が楽に行うことができます。また、付き添いも可能となっているため、子供や高齢者も安心して検査を受けられる点もオープン型の大きな特徴です。

検査結果の判定

梗塞で脳の障害された範囲が、白い像になって映し出されます

異常な場合に疑われる病気

脳卒中(脳出血、脳梗塞、くも膜下出血)、動脈瘤、動静脈の奇形、多発性硬化症など

5.胃内視鏡検査

5-1. 上部消化管内視鏡検査とは

一般的に「胃カメラ」と呼ばれているもので、上部消化管X線造影検査(胃のバリウム検査)で胃がんや潰瘍が疑われたときに行なう最終検査です。内視鏡には、従来から使われているファイバースコープと、近年開発された電子内視鏡があります。
ファイバースコープは細くて柔らかいグラスファイバーを3万本ほど束にしたもので、医師が内部を直接覗き込んで使用します。
一方、電子内視鏡は細い内視鏡の先端に超小型テレビカメラ(CCD)を取り付けたもので、現在はこちらが主流となっています。テレビモニターに映像が映し出されますので、複数の医師が同時に病変を見て、診断・治療を行なうことができるというメリットがあります。
近年では、口の代わりに鼻からスコープを挿入する経鼻内視鏡が、患者への負担が少ない検査として注目されています。

上部消化管内視鏡検査で何がわかるのか?

上部消化管X線造影検査で食道や胃、十二指腸に疑わしい影が見つかった際、その部分の粘膜を直接観察できるため、病変の大きさや形、色、出血の有無までがはっきりとわかり、確定診断に役立ちます。
また、がんが疑われるときには、内視鏡先端部の装置を使って疑わしい組織部を採取し、生検(組織細胞診)を行なえば確実に診断できます。5mm以下の非常に早期のがんもこの内視鏡検査で発見が可能です。

上部消化管内視鏡検査はどのように行なうのか?

検査前に、唾液や胃液の分泌を抑える薬と、胃の運動を抑える薬を筋肉注射し、さらに喉をスプレーで麻酔します。
まず、検査台に体の左側を下にして横になり、マウスピースを加えます。先端にレンズの付いた直径7mmほどのファイバースコープを挿入します。
先端が喉を通るとき、一瞬息がつまる感じがありますが、通ってしまえばあとは苦痛になりません。
ファイバースコープを挿入するとき、頭を後ろにそらしたり、首を横に動かすと喉や食道を損傷する恐れがありますので、医師から指示された姿勢を保つようにしましょう。
胃を観察するとき空気を入れるため、お腹が張る感じがしますが、ゲップは我慢します。
観察、生検(擦過)後、ファイバースコープを通して止血剤を胃の中に散布し、空気を吸引し、ファイバースコープをゆっくり抜いて検査は終了となります。時間はおよそ10~15分、検査後20分くらいは安静を保ちます。

検査結果の判定

胃がんには、胃の粘膜がくぼんだ形(陥凹型)と、いぼ状に出っ張る形(隆起型)とがあり、また、がんの進行の程度のより早期がんと進行がんに分けられます。陥凹型のがんがあると、不整形の白い苔のようなもの(白苔)や出血、ひだの乱れなどが内視鏡で観察できます。確定診断は採取した組織を顕微鏡で調べる生検によって下されます。
胃や食道に炎症や潰瘍が認められた場合は、それらを観察することによって、性質や広がり、出血部位などが分かり、治療方針を立てたり、治療効果を判定したりします。静脈瘤は主に出血しやすいかどうかを観察し、出血しそうなときには治療を行なうことになります。

異常があったらどうするか?

正確な診断のため、内視鏡検査の際に採取した組織を用いて、生検が行なわれます。特にがんが疑われる場合は、生検が不可欠となっています。また、病名は確定しても、病変が組織のどの程度の深さまで達しているかは、内視鏡ではわかりません。そのため、超音波内視鏡検査などを行なって総合的に判断されます。

異常な場合に疑われる病気

食道炎、食道潰瘍、食道がん、胃炎、胃潰瘍、胃がん、食道・胃の静脈瘤、十二指腸潰瘍など

5.胃内視鏡検査

5-2. 経鼻内視鏡検査とは

一般に「胃カメラ」と呼ばれる、口からの内視鏡検査では、のどの奥にある舌根にスコープが接触してしまうため、嘔吐感(咽頭反射)と窒息感に悩まされる患者さんが少なくありませんでした。
この苦痛から検査を受けるのが遅れて、結果的に胃がんなどの上部消化管疾患が進行してしまうという問題がありました。
これに対して、鼻からスコープを挿入する経鼻内視鏡検査では、スコープが舌根部に触れることなく消化器に到達するため、嘔吐感はほとんどありません。鼻腔内には麻酔剤を塗布するため鼻の痛みもありません。
また、従来の内視鏡検査に比べ、検査中の心拍数と血圧・酸素濃度なども良好で、患者さんへの負担が大幅に減少することが照明されています。さらに、検査中は医師と会話することができるため、モニターに映し出される自分の胃の映像を見て質問をしたりすることもできます。
複数の病院の調査結果によると、「経口内視鏡検査は、二度とやりたくない」と答えていた人の90%以上が、「経鼻内視鏡検査ならまた受けてもいい」と答えています。

経鼻内視鏡検査で何がわかるのか?

食道、胃、十二指腸など上部消化管のあらゆる病気の診断ができます。組織を採取して調べる生検もできます。健康診断などでスクリーニング(ふるいわけ)検査に有用という意見も出てきています。しかし、従来の内視鏡に比べると画像がやや荒く、装着できる鉗子の種類や数が限定され、病変が見つかった際の治療が限られているというデメリットがあります。

内視鏡検査はどのように行われるのか?

検査前日の夕食後以降は飲食を控え、当日の空腹時に検査をします。仮に、朝食を摂っても6~8時間経過すれば検査は可能ですので、午後の場合も問題ありません。まず前処置として、胃の中をきれいにするガスコンドロップを飲み、次に鼻を広げて通りを良くするための血管収縮薬(プリビナ)を鼻に噴霧します。
さらに、鼻の中に麻酔薬のキシロカインをスプレーし、ベッドで横になって喉にも麻酔薬を噴霧します。
胃の出口が自然に広がる左向きの体勢になり、左側の鼻からスコープを挿入します。検査は食道・胃・十二指腸の順に行われていきます。検査時間は5~10分くらいです。
通常は鎮静剤(静脈麻酔、眠り薬など)を必要としないので、検査終了後は検査結果を聞いて、車を運転して帰ることも可能です。

異常な場合に疑われる病気

食道炎、食道潰瘍、食道がん、胃炎、胃潰瘍、胃がん、食道・胃の静脈瘤、十二指腸潰瘍など

6.便潜血検査


便に含まれるごくごく少量の血液があるかないかを調べる

口から食道、胃腸を経て肛門まで続く長い消化管のどこかに出血があると、便に血液が混じります。出血が多ければ見るだけで判断ができますが、出血が微量だと肉眼ではわかりません。そこで、採取した便に試薬を混ぜ、その変化で血液の混入判定を行なう検査が便潜血反応です。
従来は、血液中のヘモグロビンが酵素の働きで青く発色することを利用した、化学的潜血反応が行なわれきました。しかし、この方法は、食物中の動物の血液や野菜の成分などでも反応する(偽陽性)ため、食事制限が必要で、判定精度に問題がありました。
最近では、人のヘモグロビンだけに反応する免疫学的潜血反応という方法と併せて行なわれるようになり、偽陽性は少なくなっています。

便潜血反応で何がわかるのか?

消化器にがんや潰瘍などの消化器病がある場合には、しばしば出血をして便に血が混じるため、便に混じった血液を検出することによって消化器の病気を見つけることができます。特に、大腸がんやその前駆症である大腸ポリープのスクリーニング(ふるいわけ)検査として重要です。近年では、より精度が高い仮想内視鏡検査も注目されています。

便潜血反応はどのような検査か?

検査方法には以下の2種類があります。

化学的潜血反応

便に試験紙をつけて変色具合で判定します。しかし、肉や魚、緑黄色野菜などを食べると偽陽性(±)となりやすいため、検査前は食事内容に制限が指示されます。また、貧血治療用の鉄剤などによっても陽性の反応が出てしまいます。主に胃などの上部消化管の出血を調べるための検査です。

免疫学的潜血反応

ヘモグロビンに対する抗体を使用して潜血がないかどうかを調べます。食事制限はありませんが、胃や食道からの微量出血だと、陰性になるケースもあります。
この方法は、下部消化管の出血の検出に向いています。とくに大腸がんのスクリーニング(ふるいわけ)検査として広く用いられており、連続2日検査すれば、進行がんでは90%、早期がんでは50%が発見できるという報告があります。

異常があったらどうするか?

陽性のとなったときは、主に消化管の潰瘍やポリープ、がんからの出血を疑います。たとえば胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃ポリープ、大腸ポリープ、胃がん、大腸がんなどです。ただし、しかし、消化管出血がなくても鼻血や歯茎の出血、痔などの影響で陽性となる場合もあります。
再検査をしてなお陽性となったときは、X線検査や内視鏡検査などさらに詳しい検査を行なって、病気の位置や種類、程度などを確認しなければなりません。

異常な場合に疑われる病気

食道や胃の静脈瘤、食道がん、胃がん、胃潰瘍、大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室、直腸がん、痔、胆石、すい臓がん

7.心電図検査

波形を見ることで不整脈や狭心症などの病気が分かる

心臓の筋肉が全身に血液を循環させるために拡張と収縮を繰り返すとき、微弱な活動電流が発生します。その変化を波形として記録し、その乱れから病気の兆候を読み取ろうとするのが心電図検査です。心臓の疾患に関する検査の中では比較的簡単に行えるものであることから、病気発見の第一の手がかりとしてよく用いられます。
一般的な心電図は安静状態で測定しますが、必要に応じて、体を動かして測定する負荷心電図や、自宅で通常の生活をしながら測定するホルター心電図などの検査も行なわれます。

心電図検査で何がわかるのか?

心臓全体のはたらきを調べることができ、心臓病の発見や診断、病状の把握、治療効果の確認、薬の副作用の発見などに欠かせない検査です。
心臓の収縮・拡張が正常に行なわれているか、心臓の筋肉に酸素と栄養を供給している冠状動脈の血流の流れが円滑に行なわれているか(動脈硬化がないか)、心筋に異常がないかなどがわかります。また、甲状腺機能障害などの内分泌疾患によってどのくらい心臓に影響が及んでいるかや、電解質(カルシウムやカリウムなど)の異常もわかります。

心電図検査はどのように行なうのか?

上半身裸になり検査台に仰向けに寝てます。電極を付ける部分に、皮膚と電極間の電気を通りやすくするケラチンクリームを塗ります。多くは両手首・両足首・胸の6ヶ所に電極を取り付けます(胸部誘導)。そのほか、両手首と両足首の3ヶ所だけで測定する(四肢誘導)など、必要に応じて電極の数を増減します。
心電計のスイッチを入れて、心臓の拍動に伴っておこる微細な電位変動を記録していきます。
体を流れる電流を器械に導くだけで、器械から電流を流すだけではありませんので、苦痛は全くありません。検査時間は3~5分程度です。
1回分の心臓の収縮は、P波(心房の収縮)、QRS波(心室の収縮)、T波(心室の収縮の終了)という組み合わせてで表示され、心臓の拍動が規則的に行なわれていれば、P波は常に一定間隔で出現します。ただし、健康な人でも、体調によって心臓の不規則な収縮(期外収縮)が起こり、QRS波に乱れを生じることがあります。
心臓の収縮で発生する電流が一時的にきれた状態を脚ブロックといい、それが左心室内で起これば左脚ブロック、右心室内で起これば右脚ブロックといいます。左脚ブロックは心不全が疑われますが、右脚ブロックは心臓に異常がなくても起こる場合があります。
また、心電図が細かい揺れのような波形を示す場合は、心房の筋肉が不規則に収縮していると考えられます。これは心臓の弱っている高齢者や心房中隔欠損症、心筋梗塞、拡張型心筋症による心不全などが考えられます。ほかにも波長の異常が疑われる病気ごとに特徴があり、不整脈、心不全、心臓偏位、心臓弁膜症、狭心症など、それぞれの波形を示します。
なお、心臓に異常があれば必ず心電図に変化が現れるわけではありません。例えば、狭心症や不整脈などでは発作が起こったときでないと変化がみられないこともありますので、測定時の心電図が正常だから心臓病がないとは言い切れません。

異常があったらどうするか?

異常が見つかれば、負荷心電図、ホルター心電図、心臓超音波検査(心エコー)の検査が組まれることがあります。その上で必要に応じて、心臓カテーテル、心筋シンチグラフィー、冠状動脈造影などの検査が行なわれ、それらの結果と照合し、病気の診断、治療法の決定、予後の判定が行なわれます。

異常な場合に疑われる病気

不整脈、心肥大、心筋虚血、心房中隔欠損症、心筋梗塞、拡張型心筋症、心臓偏位、心臓弁膜症、狭心症、電解質失調など